土地の価値を上げるために土壌汚染調査を行おう|地盤調査の重要性

メンズ

売却前に調べよう

土地

土地や物件を売却する場合、あらかじめ土壌汚染調査を行なう必要があります。土壌汚染調査は、有害な化学物質を扱っていた工場などが行なうものでは、と多くの人は考えるでしょう。確かに工場などが土地を売買する場合、土壌汚染調査を行なうことは義務付けられています。個人が所有していた土地ではこの土壌汚染調査の義務はないので、一見必要とは思えないでしょう。しかし、最近では購入前に土地の状態を知りたいと考える人も多いため、すぐに土地を売却したいならば行なっておくと効果的なのです。個人が所有していた土地での汚染といえば、除草剤の使用が挙げられます。庭などで除草剤を大量に散布していた場合、ガーデニングをする際に植物が育たなくなります。また、市販されている除草剤には人に健康被害を与える成分も含まれているので、大量に除草剤が撒かれた土地は買い手がつきにくくなります。また最近では、原子力発電所の放射能汚染問題を受け、放射線を測定したいとする人も多くいます。土地の購入を検討する人に安心感を与えるため、土壌汚染調査は必要となるのです。

土壌汚染調査を依頼する場合、自社内で調査機材を所有している会社に依頼するようにしましょう。調査を行なう会社の中には、別会社に調査をアウトソーシングする仲介会社もあります。調査を行なう会社へ費用を支払うだけでなく、仲介会社への余計な仲介料まで支払うこととなるため、調査費用が高くなってしまうのです。自社内で調査機材がある会社なら、依頼すれば連絡をした会社が調査を行なってくれます。仲介会社を利用すると、調査をする会社の実績なども不明瞭となります。しかし検査を行なう会社へ依頼すれば、ネットなどで実績を調べることも可能なので、優良な会社を選んで任せられるでしょう。

調査を行なう必要性

工事

土地を購入する場合、建物を建てるハウスメーカーは地盤調査を行ないます。しかし、ハウスメーカーの中にはきちんとした調査を行なわないところもあるため、問題となります。セカンドオピニオンとして専門の会社に地盤調査を依頼しましょう。

Read More

点検で用意するもの

男性

賃貸物件を所有しているなら、1年に1回は建物の防火対象物点検を行なう必要があります。きちんとした会社に依頼する場合、建築図面と防火管理維持台帳を用意しておくとよいでしょう。

Read More

重要となる再調査

重機

地質調査が数十年前のものであれば、地質の変化や調査の精度が低いことにより、現在の地質の状態が報告書と異なっている場合があります。土地を購入する前に、専門の会社に調査を依頼しましょう。最新式の機器の使用により、正確な調査をしてくれます。

Read More

Related Links

  • ジオ・フロント株式会社

    マイホームづくりを行ないたい方は必見です。土壌汚染調査を行なってみませんか?安心して暮らせる土地なのかチェックしておこう。