点検で用意するもの|土地の価値を上げるために土壌汚染調査を行おう|地盤調査の重要性

土地の価値を上げるために土壌汚染調査を行おう|地盤調査の重要性

女性

点検で用意するもの

男性

アパートやマンションなどの建物を管理する上で、毎年必要となるのが防火対象物点検です。建物内に収容できる人数が30人以上であれば対象となり、建物内の防火設備がきちんと機能するか、または災害時の避難経路や避難のための対策がしっかり取られているかといったことをチェックします。この防火対象物点検は建物管理をする上で義務となることです。点検を専門の会社に依頼し、報告書を作成してもらい地域の消防署や市町村へと提出しなければなりません。この防火対象物点検を怠ると、30万以下の罰則を受けることとなります。罰則を受けることは費用の負担だけでなく、アパートやマンション経営での信用が失墜することとなるため、物件を運用する上で大きな問題となるのです。

防火対象物点検を依頼する場合、専門の会社に電話依頼をする必要があります。インターネットによって検索をすることで、地域で点検をしている会社をすぐに見つけることができます。ホームページに記載されている番号を掛けて連絡をするほか、メールを送付することによって依頼をすることができるでしょう。点検をしてもらうには、建築図面と防火管理維持台帳を用意しておく必要があります。図面がなければ建物の設備や構造上の防災効果を調べられません。また、台帳がなければ以前までの防火対象物点検による結果や管理の状況を把握できないため、点検後の報告書作成ができなくなります。その他にも事前に用意しておいたほうがよいものは多くあります。初めて防火対象物点検を依頼する場合は、点検をする会社に何が必要なのか訊いておくとよいでしょう。