調査を行なう必要性|土地の価値を上げるために土壌汚染調査を行おう|地盤調査の重要性

土地の価値を上げるために土壌汚染調査を行おう|地盤調査の重要性

女性

調査を行なう必要性

工事

建物を建てる際、多くの人は周辺の立地条件などにこだわるものです。しかし、重視するべきは土地の周りではなく、地中の状態でしょう。土地を購入して家を建てる際には、必ず地盤調査を依頼しておく必要があるのです。地盤調査の結果は土地を所有する不動産会社がデータを持っていることもあります。また、建物を建てるハウスメーカーが家を建てる前に無料で地盤調査を行なうため、あえて地盤調査を専門に行なう業者に頼まずともよいのでは、と多くの人は考えるでしょう。しかし、ハウスメーカー一社に地盤調査を依頼するのは問題です。ハウスメーカーの中には、地盤調査のための専門的な機材を持ち合わせておらず、ごく表層だけを調べて結果を出す場合があります。周辺の土地の情報を調べるだけで実際に検査をしない会社もあれば、軟弱地盤だからと高額な補強工事を行なおうとする悪徳業者も存在します。病気の診断でもセカンドオピニオンが必要なように、念のため地盤調査を専門の会社に依頼することは重要なことといえます。

そもそもなぜ地盤調査をしなければならないのか、と考える人もいるでしょう。地盤調査を行なう意義は、建物を建てる際の土地の「安全性」を調べるためのものです。一戸建ての住宅を建てるとなると、高額な費用が必要となります。建物自体がしっかりとしたものでも、建っている土地が非常に軟弱であれば、建物を支える柱などが重量によって沈み込んでしまい建物に亀裂や劣化が生じるようになります。事前に地盤調査を行なえば、軟弱地盤でもしっかりと家を建てられるようになります。固い地層にまで基礎や柱を埋め込む作業や、柱を埋め込む場所にセメントを流し込むといった補強工事により、しっかりとした家を建てることができるのです。